「和歌山サンタ・ラン」あす(9日)和歌山城で初開催

2018年12月08日 19時37分 ニュース, 社会

サンタクロース姿の参加者が会場を歩く、「和歌山サンタ・ラン」が、あす(9日)和歌山市の和歌山城で初めて行われます。

「サンタ・ラン」は、大阪など各地で開催されているチャリティーイベントで、参加費や協賛金による収益金で、クリスマスを病院で過ごす子どもたちにプレゼントを届けます。和歌山でもことし(2018年)、有志によって実行委員会が作られ、あす和歌山城で初めて開催されることになりました。

あす(9日)は、午前10時から和歌山城西の丸広場で受付が始まり、オープニングセレモニーの後、サンタクロースの衣装を身にまとった参加者が西の丸広場と天守閣の往復2キロをウォーキングします。また、午後2時からは餅まきも行われます。

参加費は、サンタクロースの衣装が付いて大人3000円、学生2000円、3歳から小学生までの子どもは帽子のみが付いて1000円で、当日参加も可能ですが、衣装がなくなり次第締め切るということです。

今回の収益金で、県立医科大学付属病院や日本赤十字社和歌山医療センターなど県内4つの医療機関に入院している子どもたちにクリスマスプレゼントが届けられます。