高野山・金剛峯寺に串柿奉納 正月飾りの高級品

2018年12月23日 11時06分 ニュース, 社会

高野町にある真言宗の総本山、金剛峯寺にこのほど(21日)、正月飾り用の串に刺した柿が奉納されました。

この柿はかつらぎ町で作られる最高級品で、1本の串に10個の柿を通したものを手すき和紙で包み、化粧箱に納めています。

奉納式では、JA紀北かわかみの幹部ら十数人が合わせて7箱を献上しました。

受け取った金剛峯寺の添田隆昭(そえだ・りゅうしょう)宗務総長は「高野山では天ぷらにして精進料理にしている。ほかの食べ方も研究していただきたい」と喜んでいました。