JTが西日本豪雨や台風21号被害に100万円を寄付(写真付)

2018年12月27日 21時02分 ニュース, 政治, 社会, 経済, 防災

JT日本たばこ産業株式会社が和歌山県に「西日本豪雨並びに台風21号」被害に対する100万円の寄付を行い、きょう午前、和歌山県庁で贈呈式が行われました。

仁坂知事(右)に目録を贈呈するJTの小川執行役員(左)(12月27日・和歌山県庁知事室)

JTは、和歌山県「企業の森」事業に2005年から参画しています。

JTは、同じような森林保全活動を全国9か所で行っていますが、和歌山県の「企業の森」が第1号で、規模は和歌山県「企業の森」で最大のおよそ54ヘクタールということです。

贈呈式でJT執行役員の小川千種(おがわ・ちぐさ)さんが仁坂知事に目録を贈呈しました。

仁坂知事は、寄付に感謝の意を表し「寄付金の使い方を特定して、ここに使われたと残るような形で使わせていただきたい」と述べました。