和歌山で初雪、高野山では今シーズン初の真冬日

2018年12月28日 19時59分 ニュース, 防災

きょう(28日)午前、和歌山で初雪が観測されました。また、高野山では、今シーズンになって初めて最高気温が氷点下となる真冬日となりました。

和歌山地方気象台によりますと、きょうは冬型の気圧配置が強まり上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、和歌山市にある気象台では、きょう午前8時25分ごろから断続的にみぞれが降ったということです。平年より9日遅く、去年より16日遅い初雪となりました。

また高野山では、最高気温が氷点下0度6分となり、和歌山県内で今シーズン初の真冬日となりました。

気象台によりますと、日中の寒さはあさって(30日)ごろまで続く見込みで、路面の凍結などに注意を呼びかけています。