道成寺・年越し和太鼓演奏と宝物殿&縁起堂一般公開

2018年12月31日 17時44分 ニュース, 社会

「安珍清姫(あんちん・きよひめ)伝説」ゆかりの地・日高川町鐘巻(ひだかがわちょう・かねまき)の道成寺(どうじょうじ)では、大みそかのこんや(31日)遅く、年越しの催しが行われます。

きょう午後11時半から、地元の和太鼓集団「天音太鼓(てんのんだいこ)保存会」による年越し生演奏が行われます。

年が明けた元日(1月1日)の午前0時からおよそ1時間半限定で、国宝や国の重要文化財などに指定されている二十数体の仏像がまつられている宝物殿(ほうもつでん)と縁起堂(えんぎどう)が一般に公開され、道成寺では多くの参拝を呼びかけています。