地産地消優良活動表彰に和歌山県内から2団体

2019年01月02日 17時16分 ニュース, 社会

近畿農政局による、今年度(2018年度)の地産地消優良活動表彰で、和歌山県内からは田辺市(たなべし)の株式会社プラスと、海南市(かいなんし)のREICAFE(レイカフェ)の2団体が選ばれました。

これは、立地条件を活かした創意工夫のある様々な地産地消の取り組みを、農林水産省が毎年表彰しているものです。

今年度、近畿農政局長賞を受賞した県内の2団体のうち、田辺市の株式会社プラスは、県内を始め大阪府と奈良県に大型の産直品販売施設「よってって」を運営し、登録生産者数の拡大に貢献しているほか、プラス農業育成財団を設立して新規就農者に助成金を給付するなど、後継者育成にも貢献しています。

海南市のREICAFEは、イチゴの「まりひめ」や、黒沢牧場の牛乳を使用したアイスクリームなどの製造と販売を手掛けるとともに、県内の17の事業者と連携した「”わ”になれプロジェクト」を展開し、より品質の高い商品の開発と販売を通じて、生産者の思いを消費者に発信しています。