県内の高速や有料道路、JRで混雑始まる

2019年01月02日 17時19分 ニュース, 交通, 社会

正月2日目のきょう(2日)、和歌山県内の高速道路や有料道路では朝から正月休みの外出や帰省などからのU-ターンの車が増えて混雑が始まりました。

県警の交通管制センターによりますと、午前中、紀南方面に向かう車で有田インターや、広川南インター付近を先頭に渋滞したほか、午後も渋滞が見られました。また和歌山や大阪方面に向かう北行きの車も朝から混雑が始まり、川辺第一トンネル付近を先頭に15キロ以上の渋滞が見られるなど混雑しました。

県警ではあす(3日)もきょうと同様の渋滞が予想されると見ていて、時間に余裕を持った運転を呼びかけています。

また鉄道はJR紀勢線の特急くろしおが、紀南方面からの列車で混雑が見られ、和歌山駅を発車した時点で自由席の乗車率が最高130パーセントの混雑になるなど多くの列車で混雑しています。