「田中3きょうだい体操教室」2月10日開催 参加者募集中

2019年01月12日 21時15分 スポーツ, ニュース

2012年のロンドンオリンピック体操競技に日本体操史上初めてきょうだい3人そろって出場した、和歌山市出身の田中和仁(かずひと)さん、理恵(りえ)さん、佑典(ゆうすけ)さんによる「田中3きょうだい体操教室」が来月(2月)10日、和歌山市で開催されることになり、参加者を募集しています。

この体操教室は、県体操協会や田中3きょうだいらでつくる実行委員会が、小学生を対象に体操の楽しさを知ってもらおうと去年から開いているもので、今回が3回目となります。

教室は、来月(2月)10日の日曜日、和歌山市の和歌山ビッグウエーブ武道館を会場に、小学1・2年生は午前10時50分から、3・4年生は午後1時から、5・6年生は午後2時半から、それぞれ70分間の予定で開催され、「運動が苦手」「体操は初めて」という子どもにも参加を呼び掛けています。

定員は各学年15人、参加費は無料で、参加希望者は、県内の公共施設や和歌山市の「わかやまスポーツ伝承館」で配布している募集チラシに必要事項を記入して今月(1月)28日までにFAXで申し込む必要があります。なお、定員を超えた場合は抽選を行い、当選した人にハガキで通知されます。