新宮市の「お燈祭」開催・学校給食もお燈祭仕様に(写真付)

2019年02月07日 20時09分 ニュース, 社会

熊野に春の訪れを告げる「お燈祭(おとうまつり)」が、昨夜(6日)新宮市(しんぐうし)の世界遺産・神倉(かみくら)神社で行われ、燃えさかる松明(たいまつ)を持った白装束(しろしょうぞく)の男たちが538段の急な石段を駆け下りました。

開門と同時に飛び出す上り子ら(2月6日・新宮市・神倉神社※聴取者提供)

国の重要無形民俗文化財でもあるお燈祭は、今からおよそ2600年前、神武(じんむ)天皇が熊野を訪れた際、タカクラジノミコト(高倉下命)が松明(たいまつ)を持って道案内をしたという故事にちなんで、毎年2月6日に行われている神倉神社の例祭です。

開門を待つ上り子ら(※聴取者提供)

きのう午後8時ごろ、修験者(しゅげんじゃ)のホラ貝を合図に、「上り子」(のぼりこ・又はあがりこ)と呼ばれる1000人以上の白装束の男たちが、松明を持って、ご神体の「ゴトビキ岩」がある神倉山から「ワッショイ」とかけ声を上げながら、次々と石段を駆け下りました。

ところで、新宮市内の公立小学校では、きのう、お燈まつりにちなんで、白い食べ物ばかりを集めた給食が児童たちに出されました。

これは、上り子たちが精進潔斎(しょうじんけっさい)のため、祭の日は、かまぼこや豆腐、白米など、白い食べ物しか口にしないならわしをヒントに毎年行っているもので、神倉(かみくら)小学校では、しらすご飯やクリーム煮、牛乳、大根サラダのほか、デザートには白玉が出され、6年生の児童は「いつもと違う白ずくめのメニューで驚いたけど、美味しかったです」と話していました。

お燈祭が終わると、熊野に本格的な春が訪れると言われています。