タニタが東洋ライスに感謝状贈呈(写真付)

2019年02月08日 19時50分 ニュース, 社会, 経済

都会のオフィス街を中心に健康管理に役立つ食事を提供する「タニタ食堂」を展開している東京の株式会社タニタは「金芽米(きんめまい)」や「金芽ロウカット玄米」の販売や提供で連携している和歌山市の東洋ライスに、きょう(8日)感謝状を贈呈し、今後の一層の関係強化を確認しました。

贈呈後の記念撮影(左・谷田代表取締役 右・阪本副社長・2月8日・和歌山市黒田)

きょう午後、和歌山市黒田(くろだ)の東洋ライス本社にタニタの谷田千里(たにだ・せんり)代表取締役が訪れ、東洋ライスの阪本哲生(さかもと・てつお)副社長に感謝状と、記念品として、金色に輝く特別仕様のタニタの体組成計(たいそせいけい)を贈呈しました。

タニタは、2012年に東洋ライスと共同で「タニタ食堂の金芽米」と「タニタ食堂の金芽米ごはん」を全国で発売したほか、全国の「タニタ食堂」など31カ所で、東洋ライスの金芽米と金芽ロウカット玄米を提供しています。

タニタの谷田代表取締役は「コメの加工技術の高さをずっと保ち続けている。今後も協力関係を継続させたい」と話しています。

東洋ライスの阪本副社長は「我々のほうが感謝状を贈りたいくらいだ。世の中に無かったモノを開発し、世の人々の幸福に寄与する姿勢が共通している」と答えました。

このあと谷田代表取締役は、精米工場や雑賀(さいか)技術研究所を見学しました。