献血ふれあいカーニバル、家族連れでにぎわう(写真付)

2019年02月10日 17時45分 ニュース, 社会

音楽やクイズを通して、献血を身近に感じ、体験し、考えてもらおうというイベント「第5回赤十字献血ふれあいカーニバル」が、きょう(10日)、和歌山市和佐関戸(わさせきど)の県赤十字血液センターで開かれ、多くの家族連れらでにぎわいました。

人気のキッズ献血体験の様子

人気のキッズ献血体験の様子

イベントは、午前10時に、近くの布施屋(ほしや)保育園児によるかわいらしい鼓笛隊の演奏で始まり、大学生によるアカペラ音楽のショーや兄弟お笑いコンビ「すみたに」の漫才、地域密着型アイドル「Fun×Fam(ファン・ファン) 」やシンガーソングライター古家学(ふるか・まなぶ)さんのライブ、それに、献血に関するクイズ大会などが行われ、献血への協力を呼び掛けました。

オープニングの園児の鼓笛隊

オープニングの園児の鼓笛隊

会場では、一般の献血の受付に加え、子どもたちが本物の献血バスに乗り込み、献血を模擬体験できる「キッズ献血コーナー」も設けられ、行列ができる人気となっていました。キッズ献血コーナーに参加した和歌山市内の小学4年の女子児童は「お父さんが献血をしていたので、おもしろそうだと思って参加した。実際の献血バスで体験できたのが良かった」と笑顔で話していました。