新宮の20代男性か、甲府でテント内に男女4人遺体 身元確認急ぐ

2019年02月13日 19時21分 ニュース, 事件・事故・裁判

きょう(13日)山梨県甲府市の荒川ダムの広場で、新宮市の20代とみられる男性など男女4人がテントの中で倒れているのをダムの管理事務所の男性が発見し警察に届けました。いずれも現場で死亡が確認され、警察は集団自殺とみて詳しい経緯を調べています。

死亡していた4人は新宮市の20代とみられる男性のほか、埼玉県春日部市の50代の女性、北海道函館市の30代の男性、千葉県柏市の20代の男性とみられ、警察が身元の確認を急いでいます。

テント内には燃えた練炭があり、近くにはレンタカーが止まっていたということです。

警察によりますと、きのう(12日)午後4時ごろ、4人がテントを設営する様子を管理事務所の別の職員が目撃していたということです。