和大システム工学部の学部長候補に宗森教授再任

2019年02月15日 20時15分 ニュース, 社会

和歌山大学は、次のシステム工学部長候補者に、宗森純(むねもり・じゅん)教授61歳を再任したと発表しました。

これは、きのう(2/15)システム工学部長の選挙が行われて決まったものです。

宗森教授は大阪府の出身で、1981年に名古屋工業大学・大学院の工学研究科修士課程を修了後、民間企業での勤務や大阪大学基礎工学部の助教授などを経て、1999年、和歌山大学システム情報学センターの教授に就任し、おととしからシステム工学部長を務めています。

システム工学部長の任期は、ことし(2019年)4月1日から2年間です。

これで、和歌山大学の4つの学部すべての学部長候補者が決まりました。

次の学部長候補に選任されたのは、経済学部がマグレビ・ナビル教授55歳、観光学部が尾久土正己(おきゅうど・まさみ)教授57歳、教育学部が本山貢(もとやま・みつぎ)教授56歳となっています。

現在の学部長の任期は来月(3月)31日までです。