パンダをみながらマラソン、アドベンチャーワールド

2019年02月17日 19時02分 スポーツ, ニュース, 経済

白浜町の「アドベンチャーワールド」できょう(17日)、園内を走るマラソン大会が開かれ、家族連れらおよそ1400人が、パンダなどの動物を見ながら、長距離走を楽しみました。

これは、開園40周年の記念行事で、1周2・3キロのコースを4人から10人がグループになって10周する「リレーマラソン」と、動物の仮装をして走る「アニマル Fun Run(ファン・ラン)」が行われました。

参加者は、犬やアシカ、アルパカ、ミニチュアホース、それに、ペンギンなどに見守られてスタートしました。その後は、園内のさまざまな動物エリアを駆け抜け、爽やかな汗を流しました。

神戸市から親戚と一緒に参加した24歳の女性は「動物を見ながら走れて楽しかった。大好きなパンダも見られて感激した」と笑顔で話しました。