和歌山県議会2月定例会・あす(20日)から一般質問

2019年02月19日 21時24分 ニュース, 政治

一般会計で総額5531億円にのぼる新年度(2019年度)当初予算案などを審議する2月定例和歌山県議会は、あす(20日)から一般質問がはじまります。

2月定例会の一般質問には5日間で17人の議員が登壇する予定で、新年度予算案や政策、様々な課題などに対する県当局の考えをただします。

初日のあすは、自民党県議団の坂本登(さかもと・のぼる)議員と自民党県議団の中本浩精(なかもと・こうせい)議員が質問します。

2日目の21日は、自民党県議団の花田健吉(はなだ・けんきち)議員、公明党県議団の多田純一(ただ・じゅんいち)議員、共産党県議団の奥村規子(おくむら・のりこ)議員、無所属議員の会の菅原博之(すがはら・ひろゆき)議員が質問します。

3日目の22日は、自民党県議団の立谷誠一(たちたに・せいいち)議員、改新クラブの浦口高典(うらぐち・こうてん)議員、自民党県議団の川畑哲哉(かわばた・てつや)議員の3人が登壇します。

土日の休みをはさんで、週明けの25日は、自民党県議団の玉木久登(たまき・ひさと)議員、改新クラブの藤本眞利子(ふじもと・まりこ)議員、共産党県議団の雑賀光夫(さいか・みつお)議員、自民党県議団の濱口太史(はまぐち・たいし)議員の4人、

そして、最終日の26日は、自民党県議団の山本茂博(やまもと・しげひろ)議員、改新クラブの谷口和樹(たにぐち・かずき)議員、自民党県議団の中西峰雄(なかにし・みねお)議員、自民党県議団の前芝雅嗣(まえしば・まさつぐ)議員の4人がそれぞれ質問する予定です。

和歌山放送ラジオでは、あすからの一般質問と、27日からの予算特別委員会、それに来月(3月)6日の本会議の模様を、その日の午後9時半から録音ダイジェストでお伝えします。