二階幹事長の妻・怜子さんを偲ぶ会(写真付)

2019年02月23日 19時57分 ニュース, 政治

自民党の二階俊博(にかい・としひろ)幹事長の妻で去年(2018年)12月に77歳で亡くなった怜子(れいこ)さんを偲ぶ会がきょう(23日)午後、御坊市民文化会館で開かれました。

 

偲ぶ会には、大島理森(おおしま・ただもり)衆議院議長や菅義偉(すが・よしひで)官房長官、自民党の岸田文雄(きしだ・ふみお)政調会長、小泉進次郎(こいずみ・しんじろう)衆議院議員ら政界関係者が参列したほか、プロ野球ソフトバンクの王貞治(おう・さだはる)球団会長や俳優の杉良太郎(すぎ・りょうたろう)さんら各界の著名人や地元住民ら大勢の人が駆けつけました。

そして、和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事が「怜子さんは、政治家の妻の鑑のような方でした」と別れの言葉を述べ、安倍晋三(あべ・しんぞう)首相の弔電も読み上げられました。

この後、喪主の二階幹事長がお礼の言葉を述べ、会場に入りきれなかった弔問客が、怜子さんが好きだったガーベラの花を献花して別れを惜しみました。