チャギントンラッピング電車、あす(9日)一般公開

2019年03月08日 20時20分 ニュース, 交通

世界中の子どもたちに人気の電車のアニメ「チャギントン」のキャラクターをデザインしたラッピング電車が、あす(9日)から和歌山電鐵貴志川線に導入されます。これにあわせて、あす午前10時50分から貴志川線の伊太祈曽駅で車両の一般公開が行われます。

和歌山電鐵の親会社の岡山電気軌道が運営する岡山県のミュージアムには、すでにチャギントンとコラボレーションした部屋やシアターが設置されていて、岡山でも今月(3月)16日にチャギントンのラッピング電車がデビューすることになっています。

和歌山では、去年(2018年)10月からラッピングと中吊り広告のみのPR電車を走らせていましたが、今回、内装もバージョンアップしました。車両は、外観はもちろん、座席シートや床などの内装にもキャラクターのイラストが溢れていて、デザインは、貴志川線を走る「たま電車」や「いちご電車」なども手掛けた水戸岡鋭治(みとおか・えいじ)さんが担当しました。

あすは、午前10時50分から貴志川線の伊太祈曽駅で車両の一般公開が行われ、伊太祈曽駅のねこ駅長「よんたま」や地元の子どもたちも参加することになっています。