和歌山電鐵貴志川線にチャギントンラッピング電車(写真付)

2019年03月09日 19時58分 ニュース, 交通

和歌山電鐵貴志川線に世界中の子どもたちに人気の電車のアニメ「チャギントン」のキャラクターをデザインしたラッピング電車が導入され、きょう(9日)、伊太祈曽駅で車両の一般公開が行われました。

チャギントンラッピング電車

これは、和歌山電鐵の親会社「岡山電気軌道」で今月(3月)16日、チャギントンの観光列車がデビューするのに合わせたものです。和歌山では、去年(2018年)10月から車体のラッピングと中吊り広告のみのPR電車を走らせていましたが、今回、「たま電車」や「いちご電車」なども手掛けた水戸岡鋭治(みとおか・えいじ)さんによるデザインで座席シートや床にもキャラクターのイラストを施し、バージョンアップしました。

座席シートや床にもキャラクターがいっぱい

きょう伊太祈曽駅で行われた車両の一般公開には、近くの保育所に通う子どもたちや地元の人らおよそ50人が訪れ、ウィルソンやブルースターなどチャギントンのキャラクターで溢れた車内を見学しました。紀美野町から親子で訪れた7歳の女の子は「チャギントンだらけで嬉しい。また乗りたいです」と話していました。

地元の子どもたちが見学

和歌山電鐵の小嶋光信(こじま・みつのぶ)社長は「子どもたちに夢を与えたい。チャギントンと一緒に街を走っている気分になってもらえれば」と話していました。

ラッピング電車はきょう午後4時半すぎに伊太祈曽駅を出発し、今後は2両1編成が、貴志川線を1日に6から13往復するということです。

岡山で3月16日にデビューする観光列車