Fun×Famが3年連続「赤い羽根スペシャルサポーター」(写真付)

2019年03月27日 22時38分 ニュース, 社会

和歌山県共同募金会は、地域密着型アイドルグループ「Fun×Fam(ファンファン)」を、3年連続で「赤い羽根わかやまスペシャルサポーター」に任命し、きょう(27日)委嘱状を贈りました。

式典後の記念撮影(3月27日・和歌山ビッグ愛)

ファンファンは「赤い羽根共同募金」による県内の地域福祉の推進のため、2017年からスペシャルサポーターに起用されていて、今回で3年連続の委嘱となります。

きょう午前、和歌山市手平(てびら)の和歌山ビッグ愛で、和歌山共同募金会の片山博臣(かたやま・ひろおみ)会長からファンファンのキャプテン・須左美静奈(すさみ・せな)さんに委嘱状が贈られました。

募金の目録を贈呈する須左美さん

須左美さんからは、ファンファンがライブやイベントの会場、チャリティーオークションなどで集めた募金およそ35万円の目録を片山会長に贈呈しました。

須左美さんは「沢山の人々が募金に協力して頂き感謝しています。地域に役立つ赤い羽根共同募金の意義をこれからも広めたいです」と話しています。

片山会長は「これからも明るい笑顔と元気な姿で募金活動をPRして下さい」と述べました。

委嘱期間は来年(2020年)の3月末までです。

感謝状を受け取る和歌山新報の津村社長

あわせてきょうは、募金活動の啓発や支援に功績があったとして、ファンファンと、和歌山新報社(わかやましんぽうしゃ)の津村周(つむら・しゅう)社長に、片山会長から感謝状が贈られました。