熊野本宮大社で献湯祭、去年の台風被害で延期

2019年03月30日 18時55分 ニュース, 社会

田辺市の熊野本宮観光協会はきのう(29日)、去年(2018年)8月の台風20号の影響で延期されていた、「献湯祭(けんとうさい)」を熊野本宮大社で開催しました。

きのうは、川湯温泉、湯の峰温泉、渡瀬温泉からなる熊野本宮温泉郷の発展を祈願し、源泉からくみ上げた湯を神前に供えました。

「献湯祭」は、毎年9月下旬に実施していましたが、去年8月の台風20号で川湯温泉に11ある全ての宿泊施設が床上浸水などの被害を受け休業したため延期になりました。今月に入って全ての施設が営業を再開したため、祭りの開催を決めました。

川湯温泉は、川底から湧く温泉を利用した大露天風呂「仙人風呂」が冬の風物詩として親しまれています。