南海加太線で新観光列車の試乗会、あす運行開始

2019年03月30日 18時56分 ニュース, 交通

和歌山市を走る南海電鉄加太線に新しく登場する観光列車の試乗会が、きょう(30日)行われました。

この観光列車は、和歌山県の特産品のタイや海を題材に、2016年からおととし(2017年)にかけて導入されたピンク色と水色の観光列車「さち」と「かい」に続くものです。

車体は赤色で、内装には縁起物の水引やだるまなどのデザインをちりばめ、床面にはあみだくじも描かれています。

きょうは和歌山市駅と加太駅の間で試乗会が行われ、家族で訪れた和歌山市の30代の女性は「2歳になる息子が南海電車が大好きで来た。赤い色がかわいらしい」と喜んでいました。

この観光列車はあす(31日)から運行を始めますが、名前はまだ決まっていないため、4月30日まで募集します。