和歌山放送開局60周年、4月1日・2日は記念特別番組

2019年03月31日 18時44分 ニュース, 社会

和歌山放送は、あす(1日)開局60周年を迎え、これを記念して、2日間、往年のアナウンサーやパーソナリティが出演したり、過去の名物番組の音源などを交え、足跡を振り返り、また、これからについて考える特別番組を放送します。

和歌山放送は、1959年4月1日に、和歌山県内初の民間放送として、和歌山市寄合町(よりあいまち)で本放送を開始しました。開局20年となる1979年に和歌山市湊本町(みなとほんまち)に本社を移転、開局以来、ラジオ単営局として、現在に至っています。2016年から17年にかけ、FM補完放送を始めるなど、現在は、県内やその周辺地域をAM8局とワイドFM6局でカバーしています。

開局60周年を記念する特別番組「ありがとう60年!あなたのそばに和歌山放送」は、1日・2日の午前・午後の時間帯で、それぞれ、和歌山放送とニュース、名物番組、高校野球、これからの4部構成に、和歌山ゆかりの各界の人たちからのメッセージを交えて、のべ10時間以上にわたって放送します。