汗ばむ陽気の和歌山県、紀南では初の夏日も

2019年04月07日 17時35分 ニュース, 防災

きょう(7日)の和歌山県地方は、朝から気温が高く、紀南地方では、午前中に25度を越え、ことし初めての夏日となるところがあるなど、各地で汗ばむ陽気となりました。

アメダスの観測で、きょうの最高気温は、古座川町西川が26・3度、田辺市中辺路町栗栖川で26・0度と25度を越え、ことし県内で初めての夏日となりました。

このほか、日高川町川辺24・6度、かつらぎ24・0度、和歌山23・7度、高野町高野山19・0度などと、平年を6度から8度上回る5月中旬から6月中旬の陽気となりました。