【高校野球】春の近畿・県予選、市和歌山ら5校ベスト16へ

2019年04月14日 18時33分 ニュース, 高校野球

春の近畿高校野球和歌山県予選は、2日目のきょう(14日)、1回戦の残り1試合と2回戦5試合が行われました。

和歌山市の紀三井寺公園野球場では、1回戦残り1試合の箕島対近大新宮が行われ、8対1の7回コールドで箕島が勝ちました。2回戦となった向陽対和高専は4対3で向陽、桐蔭対新翔は、10対0の6回コールドで桐蔭がそれぞれ勝ちました。

田辺市の田辺スポーツパーク野球場では、2回戦3試合が行われ、慶風対紀北農芸は10対0の6回コールドで慶風、串本古座対市立和歌山は5対2で市立和歌山、初芝橋本対那賀は10対0の6回コールドで那賀がそれぞれ勝ちました。