全国学力テスト和歌山県内でも実施

2019年04月18日 18時11分 ニュース, 社会

小学校6年生と中学3年生の全員を対象にした文部科学省の全国学力テストがきょう(18日)、一斉に行われ、和歌山県でも公立の小中学校と義務教育学校、一部の特別支援学校の児童生徒が参加しました。

県内では小学校7600人、中学校7200人が参加していて、中学校3年生では初めて英語を導入し読む、聞く、書くの3つの技能試験のほか、パソコンの整備が進んでいる学校ではパソコンを通じて生徒の話す声を録音して判定する検査も含まれています。

また国語と算数・数学については、基礎力と応用力を問う従来の形から統合して出題する形式に変更されました。

県教育センター学びの丘の学力対策課では今回のテストの実施状況についてあす(19日)発表するとしています。