JR白浜駅に「パンダレンタカー」1台限定で登場(写真付)

2019年04月27日 20時33分 ニュース, 交通

旅行客らに一層、南紀エリアを満喫してもらおうと、「JR西日本レンタカー&リース」は、車体にパンダのイラストをラッピングしたレンタカーを、きょう(27日)からJR白浜駅に1台限定で配備しました。

(提供:JR西日本レンタカー&リース)

「パンダレンタカー」は黒色の5人乗りトヨタ車「Vitz(ヴィッツ)」にパンダのイラストをラッピングしたもので、イラストのキャラクターは、「列車とレンタカーを利用して旅行を楽しんでほしい」との願いから「トレイン」と「レンタカー」を掛け合わせ「レンレンちゃん」と名付けられました。

配備されたのは、JR白浜駅・改札口の正面にカウンターがある「JR駅レンタカー白浜駅営業所」で営業時間は毎日、午前9時から午後6時までです。

「パンダレンタカー」の予約は、電話かインターネットで受け付けていて、料金は、保険料を除き、12時間5400円、24時間7020円、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などのハイシーズンは12時間5940円、24時間7720円です。当日予約が入っていなければ、予約なしでも利用できるということです。

「JR西日本レンタカー&リース」では「『パンダくろしお号』と『パンダレンタカー』で熊野古道・熊野三山 世界遺産登録15周年や、去年夏のパンダ誕生で賑わう南紀エリアを満喫してほしい」と呼びかけています。