平成から令和へ 有田川町でカウントダウンイベント(写真付)

2019年05月01日 20時21分 ニュース, 社会

平成から令和に元号が変わる瞬間を見届けようというカウントダウンイベントが、昨夜(4/30)からきょう(5/1)未明にかけて有田川町の地域交流センター・ALEC(アレック)で開かれ、およそ300人が参加しました。

5月1日午前0時にジェット風船が舞う

これは、有田川町が開いたもので、昨夜6時半から始まったイベントでは、平成の時代に流行した歌のカラオケ大会などのあと、午後0時の10秒前からカウントダウンが始まり、0時ちょうどに来場者がジェット風船を飛ばして新しい令和の訪れを祝いました。

またイベントの最後に行われた大抽選会で、地元・あらぎ島の米100キログラムが当たったのは、紀の川市から参加した和歌山信愛女子短期大学2年の亀岡菜奈(かめおか・なな)さん19歳でした。

お米が当たった亀岡さん

亀岡さんは、「お米が当たってびっくりしました。7人家族なので、みんなで仲良くじっくりいただこうと思います。新しい天皇陛下には、『これからの日本をよろしくお願いします』と、上皇陛下には、『お疲れ様でした』とお伝えしたい。私自身は、もうすぐ就職活動が始まるので、令和は就活に取り組みます」と話していました。