県警特殊詐欺容疑で被害金回収役の男を逮捕

2019年05月08日 18時45分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

他の男らと共謀し、警察関係者を名乗り有田市の80代の女性から受け子を使ってキャッシュカードを盗み、現金を引き出せたなどとして、県警はきょう(8日)大阪市西成区の24歳の無職の男を逮捕しました。

県警によりますと、捕まったのは大阪市西成区の無職横内雅貴(よこうち まさたか)容疑者24歳です。警察の調べによりますと、横内容疑者は去年11月20日の午後、すでに逮捕されている男らと共謀し、有田市内に住む80代の女性に「あなたの個人情報が出回っているのでキャッシュカードをすぐに凍結した方が良い」などとだましました。そして警察官を名乗る受け子の男がこの女性宅に出向き、「不正利用を防止するため」と言って女性のキャッシュカードを持参した封筒に入れて持っておくよう指示しました。

女性が、記入用のボールペンを探すために封筒から目を話した隙に男がカードの中身をすり替えてだまし取りました。

その後、女性はカードの中身がすり替えられていたことに気づきましたが、すでに現金114万円あまりが引き出されていました。

県警はその後の調べで運転手の男や受けこの男を相次いで逮捕し調べていたところ、横内容疑者の犯行が分かりきょう(8日)逮捕したものです。