阪神高速で車4台絡む事故・湯浅町の男性死亡

2019年05月08日 21時19分 ニュース, 事件・事故・裁判, 交通, 社会

大阪府堺市の阪神高速道路で、きょう(8日)車4台が絡む事故があり、湯浅町の男性1人が死亡したほか、男女10人が重軽傷を負いました。

きょう(8日)午前7時すぎ、堺市西区の阪神高速湾岸線の上り線で車4台が絡む事故がありました。

この事故で、ワゴン車に乗っていた湯浅町に住む会社員・北山直人(きたやま・なおと)さん42歳が死亡しました。また、20代から50代の男女10人が重軽傷を負いました。

警察によりますと、渋滞していた車の列の最後尾のトラックに、20代の男性が運転する別のトラックが突っ込み、その弾みで前のワゴン車2台にも衝突しました。

この男性もケガをして入院しているということで、警察は回復を待って事情を聞く方針です。

阪神高速道路会社によりますと、現場は片側2車線の直線道路で、上り線は周辺の区間で一時通行止めとなりました。