明日から交通安全運動

2019年05月10日 07時52分 ニュース

横断歩道の歩行者安全などを重点に、春の全国交通安全運動があす(11日)から始まります。

今年は、明日から20日までの10日間行われ、和歌山県や警察交通安全に協力する団体の推進協議会が中心になって、交通安全を呼びかけます。初日の明日は、県庁正門前で啓発出発式が行われ、和歌山放送のラジオチャリティーミュージックソンに寄せられた募金による、音の出る信号機が寄贈されます。そして期間中は、タレントらも参加して交通安全を呼びかけるほか、交通安全の催しや交通安全指導などが行われます。運動の重点目は、飲酒運転の撲滅や信号機のない横断歩道での歩行者保護などです。