県内の通学路で交通違反の一斉取締まり実施

2019年05月16日 17時33分 ニュース, 交通, 社会

春の全国交通安全期間中のきょう(16日)、県内の小学校の通学路で、一斉に交通取り締まりが行われました。

全国一斉取り締まりの一環で県警が行ったもので、県内では14の警察署から122人の警察官が通学路で交通違反の取り締まりを行いました。

この結果、酒気帯び運転1件、速度違反5件、携帯電話をかけながらの運転12件など合わせて125件を検挙しました。

逮捕者はありませんでした。また、今回の安全運動の重点目標の一つになっている歩行者の安全確保をしていなかった違反が4件あったほか、シートベルトの非着用が24件、チャイルドシートを使用していなかった違反が7件ありました。