新宮市で近畿大学生物理工学部の公開講座(写真付)

2019年05月18日 20時12分 スポーツ, ニュース, 社会

紀の川市にキャンパスがある、近畿大学生物理工学部の公開講座がきょう(18日)新宮市内で開かれ、市民ら150人あまりが参加しました。

 

今年度3回目となる講座は、新宮商工会議所で開かれ、人間環境デザイン工学科の谷本道哉(たにもと・みちや)准教授が自らも関わる人気の体操番組から、効果的な筋肉トレーニングの方法や、健康と運動の関係性について、時折参加者と一緒に身体を動かしながら講演しました。

 

三重県から参加した50代の女性は「今まで良いと思っていた方法が間違っていてショックでしたが、その意味をわかりやすく話してもらえて良かったです。きょう教えてもらったスクワットを実践してみます」と話していました。友人と参加した、地元新宮市の女子高校生は「筋トレを理論的に解説してもらえるのは新鮮でした」と熱心な様子でした。

今年度の公開講座は、県内では、今月(5月)25日に和歌山市で、来月(6月)8日に橋本市で、また9月1日に生物理工学部のキャンパスで、それぞれ開かれます。和歌山市の講座は定員に達していますが、近畿大学生物理工学部で申し込みや問い合わせを受け付けています。電話番号は0736-77-3888です。参加は無料です。