近鉄「大京都展」前に舞妓が和歌山放送など訪問(写真付)

2019年05月21日 18時41分 ニュース, 社会

和歌山市の近鉄百貨店和歌山店であす(22日)から開かれる「大京都展」を前に、京都の舞妓(まいこ)さんが、きょう(21日)和歌山放送の番組に出演したり、和歌山市役所などを訪問してPRしました。

生放送に出演るふく珠さん(右)と京都名店会の中西副会長(左)(5月21日・和歌山放送)

これは、あすから近鉄百貨店和歌山店の5階催事場で開かれる「第9回大京都展」のPR活動の一環として行われたもので、京都・宮川町(みやがわちょう)の舞妓・ふく珠(たま)さんは、主催者の京都名店会の中西たえ子副会長らとともに、午前中、紀の川市貴志川町(きしがわちょう)の和歌山電鐵・貴志駅を訪れ、猫の名物駅長として人気を博した「たま」をまつる「たま大明神」を参拝しました。

京都名店会はおととし(2017年)と去年(2018年)もたま大明神を参拝して好評で、ことしも験を担いで参拝しました。そして駅を訪れた先着100人に京菓子處・鼓月の「千寿せんべい」がプレゼントしました。

午後は、和歌山市役所の尾花正啓(おばな・まさひろ)市長を表敬訪問したのに続いて和歌山放送にも立ち寄り、生ワイド番組「つながるワイド全開!火曜日」で、パーソナリティの小田川和彦(おだがわ・かずひこ)さんと「大京都展」の見どころなどを語りました。

「第9回大京都展」は、食品や工芸品など多くの名店が出店するほか、ふく珠さんらが京舞を披露する予定で、あすから今月(5月)28日まで、和歌山市友田町(ともだちょう)の近鉄百貨店和歌山店・5階催事場で開かれます。