春の全国交通安全運動期間中の事故過去最少

2019年05月22日 18時47分 ニュース, 交通

「春の全国交通安全運動」期間中の県内での交通事故発生状況や取締りの結果がきょう(21日)県警察本部から発表されましたが、交通事故発生件数は、最も少ない数となりました。

「春の全国交通安全運動」は、今月(5月)11日からきのう(20日)までの10日間で行われ、期間中は、県内各地で、交通安全を呼びかける啓発活動や、登校時間帯に合わせた通学路での一斉取締りなどが行われました。

県警のまとめによりますと、期間中に発生した交通事故は53件で、去年(2018年)春の運動より6件減り、全国規模の春と秋の交通安全運動では統計が残る1977年以降、最も少ない数となりました。

また、交通事故による死者の数も去年(2018年)の1人から今年は、ゼロとなりました。