「かもめーる」発売・きいちゃんとハワイアンフラがPR(動画付)

2019年05月30日 17時04分 ニュース, 社会, 経済

暑中見舞い・残暑見舞い用のハガキ「かもめーる」が、きょう(30日)から全国の郵便局で発売され、和歌山市の和歌山中央郵便局では、けさ、記念のセレモニーが行われました。

きょう午前8時40分から行われたセレモニーでは、石橋守(いしばし・まもる)局長が「令和最初の夏です。令和の和は和歌山の和。多くの和歌山の皆さんにかもめーるで夏の便りを送って欲しい」と呼びかけました。

きょうはゲストに和歌山県のマスコット「きいちゃん」と和歌山市の理容チェーン・カットパインのPRキャラクター「パインくん」が招かれ、きいちゃんから一足早い暑中見舞いが、セレモニーを見に来た女性客に手渡されました。

また、地元のハワイアンフラグループの「ハーラウ フラ オ カメレアロハ」のメンバーがゆったりとしたハワイアンフラの踊りで夏のムードを盛り上げたほか、局員らが利用客に花の苗を配りました。

日本郵便株式会社では、この夏、全国でおよそ2億500万枚のかもめーるを販売する見込みで、ハガキは、ひまわり畑と海の絵が入った2種類と、無地、それにインクジェットの4種類が用意され、いずれも抽選で現金1万円や2千円、切手シートの当たるくじも印刷されています。

かもめーるは、きょうから8月23日まで全国の郵便局で販売され、くじの抽選は9月2日に行われます。