東京駅前JPタワーで和歌山県物産展

2019年05月30日 16時33分 ニュース, 交通, 社会, 経済

和歌山県の物産を広く首都圏の消費者らに紹介する物産展が、来月(6月)1日と2日、JR東京駅前にある日本郵便のJPタワーの商業施設「KITTE」で開かれます。

これは和歌山県と日本郵便が共同で行うもので、県内産品の業者22社が参加し、首都圏の消費者らに梅干しやハウス栽培の桃や、菓子などの特産品を販売します。初日の来月(6月)1日には石田真敏総務大臣らが出席して記念セレモニーも行われます。

また梅酒ソムリエによる梅酒の楽しみ方を伝授するトークショーや梅シロップのおいしい作り方の教室などの催しも行われるほか、県内の観光や移住定住をPRするコーナーも設けられます。