太地町の博物館でクジラの歯磨き公開

2019年05月31日 18時38分 ニュース, 社会

太地町にある町立くじらの博物館できょう(31日)飼育しているクジラが歯磨きする様子が公開されました。

来月(6月)4日から10日までの歯と口の健康週間にちなんだ恒例のイベントで、オキゴンドウ、ハナゴンドウの2種類のクジラ3頭が口を開けて並び、飼育員や地元の子どもたちが大きなブラシで丁寧に磨きました。

そして学芸員は「オキゴンドウは歯が40本もある。ハナゴンドウは下あごしかない。種類によって特徴が違うことも知って欲しい」と語りました。

クジラの歯磨きを体験した5歳の女の子は、「クジラはかわいかった。私もしっかり歯を磨きます」と笑顔で話していました。

このイベントは来月9日まで1日3回行われます。