関空・大阪空港リムジンバスG20開催で期間中和歌山便減便

2019年06月04日 19時24分 ニュース, 交通, 社会, 経済

今(6)月下旬に開かれるG20大阪サミットに伴い、関西空港と大阪空港のリムジンバスが、27日から30日にかけて、一部を除いて運休します。

これは、リムジンバスの運営会社が明らかにしたもので、サミット期間中は、高速道路などで大規模な交通規制があるため、通常運行が困難と判断したということです。

関西空港で全便が運休するのは、大阪市や兵庫県西宮市などととの間で結ぶ8つの路線のリムジンバスです。

また大阪空港では、JR大阪駅や、大阪市にあるUSJ=ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどとの間を結ぶ7つの路線が全便運休します。

一方、関西空港と和歌山市や中国・四国地方の各都市とを結ぶ長距離便は、便数を大幅に減らして運行するということです。

バスの運営会社は、「時間に十分余裕を持ち、乗車前には最新の運行状況を確認してほしい」と呼びかけています。