慶風高校生がJR和歌山駅前で花壇の手入れ(写真付)

2019年06月05日 17時24分 ニュース, 社会

紀美野町にある私立慶風高校の生徒がきょう(5日)ボランティアの人たちとともにJR和歌山駅前で花壇の手入れをしました。

 

これは慶風高校の2年生と3年生の生徒のうち、部活動などで活躍している生徒ら9人が参加して行いました。

きょう(5日)午前JR和歌山駅前では花いっぱい運動の活動をしているボランティアの市民とともにスコップを持ってマリーゴールドなど夏の花の苗を植えました。

ボランティアの市民とともに花壇の手入れをする慶風高校の生徒(写真右)

参加した生徒は、「去年は雨が降って大変だったが、今年は晴れてよかったです」と綺麗に植えられた花壇を見ながら話していました。

学校の関係者は花壇の手入れを毎年行っていて、「多くの人に花壇を見てもらえれば」と生徒らの活動を見守っていました。