和歌山市などで大雨、鉄道などに影響も

2019年06月07日 19時22分 ニュース, 交通, 社会

きょう(6/7)の和歌山県地方は、朝から激しい雨が降り、和歌山市では、降り始めからの雨量が100ミリを超えました。

この大雨の影響で、道路が冠水したり、JR和歌山線などで一時、一部区間で運転を見合わせるなど影響が出ました。

県や和歌山市などによりますと、和歌山市の堀止橋周辺の道路や田中口駅周辺などで冠水して一時通行止めになりました。

また紀美野町や有田川町の一部地域で停電が発生し、すでに復旧しました。

また大雨の影響で、JR和歌山線は一部区間で運転を見合わせましたが、きょう(7日)午後3時半に全線で運転を再開しました。

和歌山電鐵貴志川線は、線路が冠水したところがあり、全線で一時運転を見合わせましたが、きょう(7日)午後4時前に運転を再開しました。

県教育委員会によりますと、県内の公立の幼稚園や小中学校、県立学校、特別支援学校の半数近くで、大雨の影響できょう(7日)の授業を切り上げるなどの措置を取りました。