農山漁村の宝サミットで有田市の早和果樹園が大賞

2019年06月08日 19時07分 ニュース, 社会

伝統文化や特産品を生かした地域活性化の優良事例を紹介する「ディスカバー農山漁村の宝サミット」がきのう(7日)東京都内で開かれ、「有田みかん」に特化した商品開発に取り組む有田市の「早和(そうわ)果樹園」が大賞に選ばれました。

「ディスカバー農山漁村の宝サミット」は、他の地域の参考となるような優れた地域活性化の取り組みを全国へ発信しようと農林水産省などが企画して開催されました。

早和果樹園は有田みかんを生産するほか、ジュースやゼリーなど付加価値を高めた商品を販売していて、若者の雇用に積極的な点も評価されたということです。