首都圏の居酒屋などで有田市食材フェアー開催中

2019年06月10日 18時09分 ニュース, 社会, 経済

太刀魚など有田市の特産品を広く首都圏の消費者に味わってもらおうと、有田市は首都圏の飲食店チェーンとタイアップして有田市食材フェアーを開いています。

有田市は、飲食店チェーン株式会社ラムラが運営する首都圏を中心とした11店舗で有田市特産の農水産物やジュースなどの加工品を使ってもらい、消費拡大やブランド力の向上をPRしています。

このうち居酒屋チェーンの音音や和食バル音音などでは、有田市箕島漁港直送の太刀魚を使ったタタキや揚げ物のほか鮮魚の刺身の盛り合わせなどを提供しています。また地元の伊藤農園のハッサクやみかんのジュースを使ったハイボールなども提供しています。有田市では今月末までのフェアー期間中、有田市食材フェアーの限定メニューを注文し、写真をインスタグラムに投稿してくれた人の中から抽選で、有田市認定みかんジュースなどの特産品をプレゼントすることになっています。