参院選和県選挙区3人目は不出馬の意向

2019年06月11日 17時57分 ニュース, 政治

この夏行われる参議院議員選挙で、今月6日に開かれた和歌山県選挙区の立候補予定者説明会に出席していた男性がきょう(6/11)、立候補をとりやめると表明しました。

参議院議員選挙和歌山県選挙区には、これまでに、自民党の現職、世耕弘成(せこう・ひろしげ)氏56歳と無所属の新人、藤井幹雄(ふじい・みきお)氏58歳の2人が立候補を表明しています。立候補の見送りを表明した男性は、その理由を選挙運動を展開するだけの態勢が作れないことや、意中の政党から、公認の可否についての連絡が来ないことなどを挙げています。