BizPlatformコールセンター開設で県調印式

2019年06月13日 18時58分 ニュース, 社会, 経済

埼玉県さいたま市の中小企業支援事業などを手掛けるビズプラットフォームが和歌山市内にコールセンターを設けることになり、きょう(13日)和歌山県庁で協定の調印式が行われました。

調印後記念撮影する、渡邊社長(写真中央)ら

ビズプラットフォームは、中小企業と会計事務所や税理士事務所のマッチングを行ったりオフィスインフラの整備などを行っている企業で、さいたま市大宮区に本社があります。このほど事業強化のためコールセンターを和歌山市で開設することになり、きょう(13日)県庁でビズプラットフォームの渡邊洋之(わたなべ ひろゆき)社長と仁坂吉伸知事、尾花正啓和歌山市長がサインして協定を結びました。この企業ではコールセンターを和歌山市吉田のビルに来月から開設する予定で、20人の地元雇用を予定しています。