陸奥宗光の生誕祭と学習会 7月7日和歌山市で開催へ

2019年06月14日 20時56分 ニュース, 政治, 社会

和歌山市出身の元外務大臣、陸奥宗光(むつ・むねみつ)の生誕175年を祝う祭祀(さいし)と陸奥宗光について学ぶ学習会が、来(7)月7日、和歌山市でそれぞれ開かれます。

これは、陸奥宗光外務大臣の功績を教育に活かす実行委員会が主催するものです。

このうち、陸奥宗光伯生誕175年祭は、7日の午前10時から和歌山市和田の竈山(かまやま)神社で開かれ、誰でも自由に参加できます。生誕祭では、祝詞の奏上や玉串奉奠のあと、実行委員会のメンバーが、明治時代に日本の真の独立を実現し、いまの時代につなげた陸奥宗光の功績を15分程度で紹介します。

また、陸奥宗光外務大臣に学ぶ学習会は、7日の午後1時半から和歌山市吹上の県立近代美術館ホールで開かれます。こちらは事前の申し込みが必要で、問い合わせ先は、電話073―472―5619です。申し込みの締め切りは、今(6)月30日です。