海保と和歌山市潜水隊員が合同潜水訓練実施

2019年06月17日 17時25分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

本格的な海のレジャーシーズンを控え、第五管区海上保安部と和歌山市消防局がきょう(17日)合同で水難救助訓練を行いました。

きょうの訓練には海上保安部の関西空港海上保安航空基地の救助隊員や和歌山市消防局の潜水部隊員ら10人余りが参加しました。訓練は和歌山市加太沖の海域で行われ、双方の潜水隊員が水難事故にあった人を速やかに救出する訓練を行いました。