第645回番組審議会

2019年06月19日 18時47分 ニュース

和歌山放送の第645回番組審議会がきょう(19日)開かれ、「wbsニュース5(ファイブ)」の今月10日放送分について審議が行われました。

「wbsニュース5」は、毎週月曜日から金曜日までの午後5時15分から6時30分まで放送するニュースワイド番組で、和歌山県内のその日に起きたニュースを中心に、県内各地の話題やリポート、それに現場録音などを交えながらコンパクトに伝えています。

きょう(19日)の審議会では、委員から「1時間15分の中に、バランス良く幅広いニュースや話題が放送されている」「弁慶祭の話題は、少子高齢化に伴う地域の祭りの維持やあり方などを問題提起していて良い」などの意見があった一方、「ローカルニュースは地方局の使命でもあるので、リスナーが求めるニュースを意識し、放送する順序を工夫するなどしてほしい」「特殊詐欺のニュースに関連して、和歌山放送としての防止キャンペーンなどを放送することも考えてほしい」「ストレートニュースで終わるのではなく、その続きなどをミニ特集的に取り上げ、広がりのある伝え方をしてほしい」などの意見も出されました。