特殊詐欺容疑で見張り役ら2人を逮捕

2019年06月19日 18時46分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

和歌山県警が特殊詐欺事件で逮捕した男が他の事件にも関わっていたことが分かり、県警はきょう(19日)、この男を再逮捕するとともに、見張り役の男を新たに逮捕しました。

捕まったのは、すでに逮捕されている大阪市西成区の無職横内雅貴(よこうち まさたか)容疑者24歳と、きょう新たに逮捕された大阪市西区の無職上田崇雄(うえだ たかお)容疑者40歳の2人です。

警察の調べによりますと、横内容疑者と上田容疑者は他の者と共謀し、今年(2019年)4月8日午前、大阪市内に住む無職の83歳の女性宅に区役所の職員や銀行員を装って電話し、「1万円余り口座に入ります。4月からキャッシュカードが使えなくなるので新しいカードに取り替えます」などと巧みにだまし、この女性からキャッシュカードをだまし取り現金9000円を引き出した疑いが持たれています。

警察はすでに逮捕されている横内容疑者を調べる中、今回の事件が分かり、横内容疑者を再逮捕するとともに、見張り役を務めていたとみられる上田容疑者を新たに逮捕しました。

容疑について警察は認否を明らかにしていません。