橋本市の国道でバイクの男性転倒し、大ケガ

2019年06月23日 11時59分 ニュース, 事件・事故・裁判

きのう(22日)夕方、橋本市の国道で、バイクの男性が転倒し、首の骨などを折る重傷です。

きのう午後6時前、橋本市横座(よこざ)の国道371号で、バイクの男性が転倒し、ドクターヘリで病院に運ばれましたが、首の骨や肋骨などを折る重傷です。

転倒したのは、橋本市向副(むかそい)の55歳の男性で、国道を高野山方面に向かって走っていたとみられ、一時、意識不明の重体でしたが、意識は回復し、命に別状はないということです。

現場は、センターラインのないカーブが続く上り坂の道路で、橋本警察署が事故の原因などを詳しく調べています。