和県内で還付金詐欺の電話 警察が注意呼びかけ

2019年06月25日 20時33分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

還付金詐欺とみられる電話が、けさ(6/25)から県内各地の家庭に頻繁にかかっていて、警察が注意を呼びかけています。

和歌山県警察本部生活安全企画課によりますと、海南市や御坊市など自治体の職員をかたって「保険金の還付があります」などとウソの電話が、けさから県内各地の家庭に頻繁にかかっているということです。

これは、言葉巧みにATMに誘導し、現金をだまし取る還付金詐欺の手口で、警察では、「保険金の還付をATMで行うことはありません。携帯電話を持ってATMへ、というのは詐欺の手口です」とした上で、「他人にキャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えたりするのも絶対ダメです。1人で悩まず、まずは、警察や家族に相談しましょう」と呼びかけています。